めまいといっても油断大敵!~病気のサインを早めにキャッチ~

耳

聞こえにくさを確認しよう

カーテン

聴力レベルを把握しよう

高齢になると視力と同じように聴力も衰えていきます。難聴の初期症状は物音は聞こえても会話の中身が聞き取りにくかったりしますが、相手に聞こえにくさを気づかれるほどではありません。自覚症状がない場合もあります。難聴の程度が中等度から高度になるとささやき声だけでなく、通常の会話は繰り返し聞き返さないと理解が難しくなります。自覚症状がはっきりわかった時には聴力レベルが進んでおり、補聴器の装用を耳鼻科で勧められることがあります。補聴器は聞こえにくくなった音域を調整してその人の聴力レベルに合わせる調整が必要になります。耳鼻科で検査をしたオージオグラムを使用して、補聴器専門店で調整をしてから装用します。補聴器は選定が難しいため、専門の店舗に足を運びましょう。

さまざまな種類があります

難聴の程度は、ささやき声が聞こえにくい軽度から、自覚症状が現れる中等度や高度難聴、トラックが走ってきても気が付かないほど安全性に配慮が必要な重度難聴があります。聴力レベルにより補聴器の選定の仕方が異なります。見た目を重視して目立ちにくい耳穴型を選定できる時もあれば、重度の場合、高出力な装備が必要な為少し大きめの耳掛け型の補聴器になることもあります。高音が聞こえにくく音のメリハリが感じにくかったり、低音が聞こえないために音の響きが欠けていることもあります。まずは自分の聴力から機種を選定しましょう。専門の担当に相談すると予算や形状、どのようなときに使用したいかを話すと自分に適応する補聴器を選定してくれます。