めまいといっても油断大敵!~病気のサインを早めにキャッチ~

耳

難聴をサポート

先生

プレゼントのポイント

聞こえにくい方に対し、補聴器をプレゼントしたい場合には、耳鼻科医の診断書をはじめ、聴力データなどの提示が求められるものの、販売店では実際に補聴器を利用する本人不在では、的確な製品選びが出来ない場合があります。この点を補うにはプレゼントした後、音機能の調整を行えるアフターサービスが付帯されている販売店で選ぶことにポイントがあります。また、販売店と日常の環境にも違いが生じるために、普段のライフスタイルをはじめ、周辺環境などまでも把握し、どの環境下で聴力に不具合が生じるのか確認した上で機器の調整を行うのがポイントとなります。ですので、好みの製品をその場で直ぐに購入できない点にもプレゼントする場合、気を配る必要が挙げられています。

周りの理解

耳鼻科では補聴器相談医を在籍させ、販売店と連携を図りながら精密器具を求めるユーザーに対し、適切な使用に繋げられる活動に従事しています。日常生活において、会話や音などの聞きとりにくさを自覚し、専門店で装用感などまで確認し、補聴器を購入する高齢者は増えています。また、本人に自覚がなく、周囲が耳の異常に気付くケースも耳鼻科で聞かれる内情です。このことからも、今後、本人のみならず、家族や周りに対しても情報を提供し、納得した上で補聴器の装用を勧めてもらうことや、購入を提案する動きが加速しています。さらに、高齢者のみならず、近年では難聴の診断を受ける子供も少なくはなく、補聴器への馴染みのない生活を支援するためカウンセラーによるアドバイスや相談などにも従事する考えです。もちろん、耳の大きさは成長とともに変化するため、適切な選び方や買い換えまでを支援する内容です。